ページタイトル 子どもの睡眠の健康への関わりと養護教諭の役割

対象者: 教育者向け 講演用資料

子どもの睡眠の健康への関わりと養護教諭の役割

茨城県養護教諭会研修会で話をさせていただきました。ご質問もたくさんいただきました。ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
 講演終了後に渡邊会長、小林副会長、高畑副会長と話をしている中で、本日申し上げるべきであったと気づいたことがあります。それは正論は劇薬、ということです。養護の先生方は大変まじめで、一生懸命に子供たちのことを考えてくださるもので、つい問題の多いお子さんに出会うと、その方のことにのめりこんでしまいがちです。でも養護の先生はあくまで先生であって、親ではなのです。多少距離を置いて、アドバイスを求められたときになって初めて、それまで学んだ知識を総動員して、親御さんにアドバイスをしていただければと思います。間違っても「眠りは大切」「早起き早寝をさせてください」などと正論を声高に唱えて親御さんに主張したりはしないでくださいね。お願いします。正論は劇薬で、しばしば戦争になりがちです。なにとぞよろしくお願いいたします。

 PDFファイルをご覧になるにはこちらから:閲覧する


>> レポート一覧へ戻る <<

神山潤 公式サイト トップへ戻るプロフィールレポートショートメッセージ
利用規約リンク・転載お問合せスマートフォンサイト