ページタイトル ショートメッセージ


2017/02/19

東洋の理想 岡倉天心 (富原芳彰 訳) 読了

 盛りの絶頂が、同時にまた、その政府の財源と威信とをともに枯渇せしめて、かれらの勢力の凋落のはじまりでもあったといってよい。
 「変化こそ唯一の永遠と」看破した天心の豊漁発揮の言葉だ。




>> メッセージ・コラム一覧へ戻る <<

メッセージ一覧へ | TOPページへ
神山潤 公式サイト トップへ戻るプロフィールレポートショートメッセージ
利用規約リンク・転載お問合せスマートフォンサイト