ページタイトル ショートメッセージ


2021/12/22

くもひとつないあさ

見渡す限りの地平線に見事に広がる朝焼けのグラデーションを高みから見下ろしている立待月であった有明の月を見上げていると、神々しさを感じます。清々しくなります。何かに感謝したくなります。ありがとうございます。




>> メッセージ・コラム一覧へ戻る <<

メッセージ一覧へ | TOPページへ
神山潤 公式サイト トッププロフィールレポートショートメッセージ
利用規約お問合せ