ページタイトル ショートメッセージ


2018/09/20

日本史の論点  読了

 日本列島各地に多様な政治勢力が存在し、大和盆地には纏向を王宮とし、日本列島の中心的な権力である倭王権、北部九州には邪馬台国を盟主とする地方政権の倭国連合が併存していた。倭国連合の中心が伊都国、宗教的な聖地が邪馬台国であって、その宗教的な権威が卑弥呼であったと考えたい。




>> メッセージ・コラム一覧へ戻る <<

メッセージ一覧へ | TOPページへ
神山潤 公式サイト トップへ戻るプロフィールレポートショートメッセージ
利用規約リンク・転載お問合せ